7
アクセス

『おとめ妖怪ざくろ』は、頭に耳がついている以外は普通の人間と買わない半妖である西王母桃(ざくろ)が主人公のアニメこの『おとめ妖怪ざくろ』の第三話『かこ、哀々と』で、主人公の西王母桃(ざくろ)が、とある音を聞くと、催眠術にかかったように夢遊病者のようになってしまうシーンがあります。西王母桃(ざくろ)の設定は、気が強くてお転婆な性格で戦闘能力はダントツに高いという設定になっています。まさに、気が強く実

EROCURATIONでは無修正画像・児童ポルノの掲載を禁止しております。

万が一掲載を発見した場合は、右の問題報告フォームからご報告ください

問題報告・削除依頼

『おとめ妖怪ざくろ』は、頭に耳がついている以外は普通の人間と買わない半妖である西王母桃(ざくろ)が主人公のアニメ

この『おとめ妖怪ざくろ』の第三話『かこ、哀々と』で、主人公の西王母桃(ざくろ)が、とある音を聞くと、催眠術にかかったように夢遊病者のようになってしまうシーンがあります。西王母桃(ざくろ)の設定は、気が強くてお転婆な性格で戦闘能力はダントツに高いという設定になっています。まさに、気が強く実力もあるツンツンキャラ。

音を聞くことにより、催眠状態になる西王母桃(ざくろ)

夜、再び音が聞こえ、催眠状態になり夢遊病者のように起き上がる

催眠状態で夢遊病者のように、導かれるままに歩いて行く

仲間である総角景(あげまきけい)に手を握られることで、術が解けて正気に戻る西王母桃(ざくろ)

催眠状態から覚ませてくれてありがとうという、素直で優しそうな表情

この記事に関連するタグ

関連するまとめ記事

新着まとめ記事